こだわり「鮮度がごちそう」”新鮮”な海の幸を、より安く、多くの人々へ。

鮮度へのこだわり

大起水産グループは1975年、魚介類の卸売業から始まりました。
当時から"鮮度"にこだわり、日本全国や海外の産地と独自の仕入れルートを開拓しており、特に開業当時から仕入れを続けている日本有数の漁獲量を誇る「鳥取県境港」からは「街のみなと」や「回転寿司」へ獲れたての海の幸を新鮮なままその日の内に届ける流通システムを構築しています。
鮮度がいちばんだと考える大起水産の海の幸は、"新鮮"だから"おいしい"のです。

鮮度へのこだわり
産地直送へのこだわり

産地直送へのこだわり

魚のおいしさは、鮮度が決め手となります。
大起水産では産地直送にこだわり、漁場と消費者との距離を縮め、鮮度の良い本当においしい魚をお届けします。

価格へのこだわり

大起水産グループでは"新鮮"な海の幸をより安く多くの人々へ届けるために、セリを飛ばして産地直送にすることでコストを抑えました。
本当に"新鮮"なものだけを、本当にお値打ちの価格で多くの人々へ届けることを可能にしています。

価格へのこだわり
食卓豊漁-多くの食卓が海の幸であふれるように

食卓豊漁-
多くの食卓が海の幸であふれるように

大起水産グループでは魚食文化普及のため、業界初の試みである鮮魚の情報番組『新鮮活け活け情報』(ラジオ大阪)を放送しています。
そして多くのお客さまに、魚をより身近に感じて頂けるよう、生本まぐろの解体ショーをメインとした「天下の台所・大阪まつり」というイベントを行っています。
海外においても生本まぐろ解体ショーを行い、日本食における魚食文化の普及に積極的に取り組んでいます。
目標は「食卓豊漁」。
多くの食卓が"新鮮"な海の幸であふれるように、これからも大起水産グループは躍進し続けます。

PAGE TOP