会社概要「鮮度がごちそう」の企業理念を追求する。

企業理念

大起水産グループは『鮮度がごちそう』をテーマに
自然の恵みに感謝して『食』がもたらす
あらゆる価値を追求し、豊かな社会の実現に貢献します。

グループ代表挨拶

グループ代表

魚が嫌いな日本人なんて、いない。

大起水産は昭和50年、塩干物の卸販売会社としてスタートしました。53年にはマグロに注目し、マグロ問屋へと拡大。その後業界初のラジオ番組を始めました。7年前からは回転寿司チェーンを展開。多くの人に鮮度のよい魚をお届けして来ました。
開業当時、見学に訪れた境港の漁港で水揚げされたばかりの魚を見たとき、私はとても感動しました。魚のいきいきした姿、鮮度、まっすぐな生産者の姿。そのとき思ったのです。この感動を、そのまま消費者に届けたいと。魚の美味しさは鮮度で決まります。それを実現するのは、生産者である漁師たち。だからこそ生産者と消費者をつなぎ、新鮮な魚をいちはやく届けるための売り場を作ろう。大起水産はその一心でここまで進んでまいりました。
日本人には魚が嫌いな人なんていません。食べず嫌いな人はいても、きっとみんなが美味しい魚を好きなはずです。ですから、たくさんの人に、鮮度のよい美味しい魚をお届けしたいと考えています。お客さまによりよい魚をお届けするため、大起水産はこれからも新たな挑戦を続けて行きます。

大起水産グループ会社概要

  • 大起水産株式会社
    ●株式会社街のみなと
  • 大起産業株式会社
    ●南部企画開発株式会社

PAGE TOP